詳しいプロフィール

私のちょっとだけ普通じゃあない生い立ち。

北海道に生まれる。

子供のころの口癖は、「何かおもしろいことないかな?」常に楽しいことを追い求めて実践してきた。
そんな私の昔の今までの歩みを書いています。
もし私の過去やこれからについて興味ある物好きの方いましたら、読んでみて下さい。(笑)

ただ好きな事を、やりつづけているだけの人生です。

小学生時代

学校まで1キロあったが毎日走って通う、スポーツマン?
自分の家が溜まり場で、毎日10人近く集まり、野球やサッカー、カクレンボ、ケイドロ、モノポリー、をして楽しんだ。
そのお陰もあったのか、小学校のスポーツ行事で、マラソン大会や、スケート大会では、毎回入賞していた。
スケート少年団の子に勝ったのは今思えば奇跡。

バレンタインでは、クラスの半分以上の女子からチョコを貰う。
人生最大のモテ期が小学四年の時に来てしまう(以後この時以上にモテることはない。今年のチョコは0個。笑)

小学四年になると、塾に入れさせられ、学校では勉強しなくなり学校での生活態度が悪くなる。授業中はだいたい寝てる。
塾にはちゃんといってたので、テストはできる。(今思えば嫌な生徒)

中学校時代

悪ガキがたくさんいる中学に入学。
入学式で、先輩たちの歓迎の仕方が、もはやヤンキードラマ。
金髪のヤンキーや、スケバンみたいな女子に、ヤジられながら入学式の入場行進をした覚えがある。

そんな中学時代は小学校時代、毎日やっていた野球部に入ってみたが、先輩に脅され「この前あいつボコボコにしてやったとか、血だらけにしてやったとか」そんなことは日常茶飯事っていっていた。それを聞いて見事にビビってすぐやめる。(根性なし)

個人スポーツに前から興味があって、その当時は、まだテニスは女子のするものだと思っていたから、パス。
そこで、前々から興味のあった卓球に出会う。個人スポーツだし、自分ならすぐ日本のトップレベルになれるんじゃないかと思っていた。

そこで、運動神経のある友達を何人か引き連れ入部。現実はそう甘くなかった。
卓球やってるのは、運動神経ないやつ多そうと思っていたが、そうではなかった。それに、英才教育が、されやすい競技なので、小学生から少年団に入ってやっていた子が同学年に4人ほどいて、最初はボコボコにやられた。

また、顧問の先生は、ものすごく怖かった。
今の時代ならパワハラで捕まるのは間違いなし。ただそのお陰でノチノチ私達は強くなる。ちなみに、私の戦術のタイプは、表ソフト前人速攻だった。

映画『ピンポン』みた人ならわかりやすい。主人公(窪塚洋介演じる)ペコの戦術と同じだ。この映画、ホントおもしろいので、オススメです。簡単に言うと、台の近くで、ひたらすら攻撃するタイプ。

入部から3ヶ月くらいたった辺りから、一人を除いては、少年団の子らとも対等に戦えるようになる。
1人だけ化け物みたく強く最後まで勝てなかった。そして、中学1年の学年別大会では、地区大会では100人以上でている中で、個人で3位や2位を、とれるまでになっていた。

団体戦は中々厳しく、地区大会にも、いけず市内止まりだった。そして、団体戦強化のため、毎週練習試合に先生の車で行くようになる。北海道の済から済みまで、色々な学校に毎週行った。

そして、我々が三年の夏。
練習試合で負けなしの世代になっていた。
そして、団体戦全国を掛けた大一番まできていた。

戦いは2対2、次を勝った方が、全国行きのキップをとれる。
そこで、出るのは、まさかの私。会場で、試合しているのは、私達だけで、何百人の目線がここに集まっていた。相手は向こうの主将。私は何もしてこなかった名だけの副部長。

結果は、、、

勝った。全国へのキップを手に入れた。

全国ではすぐに負け、会場だった鳥取県の鳥取砂丘の観光を楽しんだ。(笑)

そして受験。
地元ではソコソコ有名な、進学校を受ける。
私はテストはそこそこできたが、授業中だいたい寝ていたので、生活態度が悪くランクがFしかなかった。受けるにはDランク以上必修だった。

しかし私はFランクで強行受験した。
そしたら、毎年人気だった学校を受けたのに、まさかのその年、店員割れで、あっさり合格。
これごが付いていたか、付いていなかったかは高校にいったら、わかることになる。

高校時代

中学時代卓球やり始めて、卓球はモテないことに気づき高校では、帰宅部。
近所のバスケゴールがある公園で、ストリートバスケや、スケボー仲間と、毎日遊ぶようになる。
そして、ちょっとだけまたモテだす。(笑)

入学そうそう、他のクラスの女子達に呼び出され、その中の一人に告白される。そして付き合う。私の友達と浮気をされて、振られるが、私も相手の友達と振られた直後付き合う。カップル交換した感じになった。(笑)

学祭では優勝目指し、ステージ発表のチームに入り、モーニング娘や、EXILEのダンスをやった。
その練習は、1ヶ月以上前からやり、合宿などもした。

球技大会も同様、優勝にむけて、1ヶ月前から、みんなで練習した。
そんな熱い高校に通っていた。

勉強はと言うと、全く付いていけず。赤点ばかりだった。特に英語が苦手で高校3年間一度も30点を取れなかった。背伸びして頭のいい学校に行くのは良いことばかりではことを知った。16歳の夏。

専門学校時代

高校生の時に美容師に憧れ美容学校の1日体験に参加した帰りに、入学を進められ、そのまま面接、後日合格、そして、美容学校に入る。
当時は試験とか特になかった(笑)

ここで、スロットを覚え、パチプロに憧れる。
一時期、3万ほどの資金から50万まで資金が増える。その後たったの3日で30万やられて、自分の才能のなさに気づきスロットを引退する。

学校はというと、卒業できる最低の出席日数を完璧に計算して、そのための、出席カリキュラムを作り、必要最低限の日数だけ、学校に通った。(ダメ人間だった)
美容師免許の試験は、その分苦労した。
そして、見事、美容師免許の資格付きで、学校を卒業した。

初めての就職

某グループの美容室に就職する。腰痛、手荒れ、給料の低さに悩まされ、数カ月で退社。
給与は12万ほどだった。

そのご、フリーターになり、テレアポ、深夜コンビニの掛け持ちで20万くらい稼ぐようになる。
そんな時札幌駅を歩いていると、某CDのPVに出ているウシジマんみたいな人に声をかけられ、夜の世界へ。
そこで、初めての月で、50人程いた中でNo.3になり、ちょっと調子に乗り出す。

その後、それ以上の順位になることはなかった。そして、半端なく厳しい親に、仕事がばれ、京都の大学に飛ばされることになる…

大学は自己推薦で面接を受けたのだが、その時金髪ロン毛だったの、黒スプレーにアメピンで、髪を加工して、面接に望む。
(面接中は、社会にでていたこともあり、うまく話せたので高評価を受けたみたいだった。)
そしてあっさり合格した。
その後、大学までの期間は夜の仕事を続けていた。ちょっとやめるのも惜しいとも思ったが、大学に行くことにした。

大学生時代

ビリヤードと麻雀とアニメ三昧。(相変わらず駄目人間)
バレーボールサークルなどにも所属。
バイトは週1で平均10万稼ぐ闇のバイトに手を染める。
このお話は長くなるのでまた次の機会にでも。

(ビリヤード)
当時の友達のススメで、家の近くのビリヤード場に通うようになる。(一軒家の一階を改装して、ビリヤード場になっていて、おばぁちゃんが1人で経営している小さなお店)
そこのお客さんで、元ハスラーの方に基礎を教わる。
ジャパン9というポイント制のゲームを教わり、それに没頭した。

(麻雀)
ロクに学校にいかず、麻雀に明け暮れる。最大30時間耐久なんかもやった。ハマりすぎて麻雀仲間達で、全自動麻雀卓を買う。そのお蔭で雀荘クオリティーで行うことができた。
麻雀漫画にもハマる、麻雀好きなら絶対に見ないといけない漫画。徹夜アカギ

(アニメ)
大学の時に深夜アニメというものをススメられる。
ネットで無料で見る方法などを、当時の友達におしえられ、どっぷりアニメにハマる。家にいる時は、だいたいアニメを見ていた。

私はこの頃からマンガ・アニメオタクになる。(自分ではただのちょっとアニメ好きだと思っている)
見たアニメが500超えた辺りから数えてませんが、1000タイトルくらい見ているかもしれません。

そんな中でも私が選ぶ『見ないと人生損してるアニメTOP100』は、全部半端なくおもしろい自身があります。ここではそんな私が選ぶアニメを、3つご紹介します。

・スクールデイズ

・魔法少女まどか✩マギカ

・ひぐらしのなく頃に

卒業後

友達の夜の店に声がかかり、また夜の世界へ(ほんとに親不孝)体調を崩し1年でやめ、今度は闇の管理人や闇の仲介人になる。そこでは結構稼げた。ネット関係のお仕事を、自分達でやっていた。
その後稼いだお金もあったので、ダーツバーを共同経営する。

うまくいかず100万くらいあった貯金もあっという間になくなってしまった。
明日も見えない生活だった。
その後ダーツバーは雇われ店長になり、4年ほど、働く。

そこでは、色々なことがあった。ダーツをひたすら練習した。ダーツの強さの基準であるRatingは一時期20(余裕でプロになれるレベル)を超えた。だか、本番に弱く、選手としてはヘッポコのままダーツバーを退職した。
その間。仮想通貨に手を出し、大損もしたりもしていた。

現在

有り難いことに色々な知り合いに仕事のお誘いを受けるが断る。そして、今、起死回生・一発逆転を目指し、1からイラスト、ウェブ関連、動画編集などの勉強をしながら、YouTubeに投稿したり、このブログを書いている。

ユーチューブは、チャンネル登録1000人、ブログは、まずアドセンス合格を目指している。それができて、やっとスタートラインに立てる。
貯金で、生きているが長くは続かない。今後の人生はどうなるか。。。

このブログを通して、今後の自分を見せていこうと思う。

Twitterは今年中に1万フォローを目指している。今のペースなら問題なくクリアできそうだ。今現在2垢合わせると、4000人ほど。応援して下さっている方に感謝です。こんな私のツタナイプロフィールを見て下さったあなたが私は好きです。(笑)ぜひ繋がりましょう。